LP

ランディングページ制作

GIのランディングページ制作は、なぜ成果が出るのか、 そのノウハウを全てお伝えいたします。

ランディングページ(LP)とは、1ページで問い合わせ・資料請求・購入を促す独立したページのことです。セールスのストーリーにもとづき、ユーザーを行動につなげるページを作る必要があります。弊社では、ユーザー心理を考えた上で構成からデザイン設計までを高いレベルで行うことができる専門のWEBコンサルタントがサポートいたします。

徹底したマーケット分析

競合プレイヤーを含めた市場マーケット分析はランディングページ戦略において重要です。実際に掲載されているランディングページを閲覧しながら調査分析をしていきます。単なるデザインするのではなく市場を勝ち抜くためのLP戦略コンテンツとデザインをご提案できるのがGIコンサルティングパートナーズの強みです。

競合A社

ユーザー像

女優と同年代(MORE専属モデルなので訴求対象年齢は20~30代)の美意識の高いフェミニン系女性

差別化ポイント

人気女優の起用でCM,広告でも目にする機会が多い

コピーライティング

美しいスリムラインへ

デザイン性

CTAが少ない、情報は必要最小限でスクロールが短い。

ネガティブ点

CTAが少ない分、訪問者にボタンを押させるタイミングが少ない。スマホでハンバーガーメニューを押しても反応しない。

競合B社

ユーザー像

10代後半~20代前半の若い女性

差別化ポイント

befor→Afterの事例が多く、同世代の共感を生みやすい

コピーライティング

目指せ!合計-8cm やせる体験500円(税込)

デザイン性

ピンク&イエローのポップなカラーリングで若い女性の目を惹きつけやすい。

ネガティブ点

タップが多すぎる、近すぎる為googleモバイルフレンドリー基準に反している可能性がある

競合C社

ユーザー像

20代後半~30代以上の女性、セレブ・マダム系が多く若い人は少ない

差別化ポイント

最新のマシンとハンド、両方を使用している事を

コピーライティング

外からアプロ―チすればあなたはもっと美しくなれる!?

デザイン性

下部にCTAが常時表示され、ボタンの用途がピクトグラムで一瞬でも分かる為、訪問者に分かり安い

ネガティブ点

CTAが少ない。スマホの機種によるのか?ランダムなのか?お悩みコメントの世代が「20~30代のみなさまへ」「30~40代のみなさまへ」「50代のみなさまへ」に表示が分かれた。ランダム表示だとすると、必ずしも該当世代に訴求されていないのでは?

企画立案力と鉄板の構成ノウハウ

ランディングページで高い成果をだすためには、ユーザー像を理解し、「お客様の魅力」や「競合優位性」を引き出しLPの企画立案を行うことが必要不可欠です。さらにユーザーが離脱しにくく、かつ最終的なコンバージョンへと誘導に繋がりやすい構成案でLP構築することが求められます。

01:キャッチコピー

ユーザーに刺さるコピーを考える

02:メインビジュアル

ユーザーに共感させるイメージで

03:権威性

信頼される情報やデータを表示

★:アクション導線<<ボタン>>

お得なキャンペーン情報・魅力的なオファーでフォームへ誘導

04:興味喚起・課題提起

課題やニーズの掘り起こしと共感

05:商品サービス情報(ベネフィット)

訴求するべきベネフィットを端的に伝える

06:選ばれる理由

なぜユーザーから支持されているのかの理由を伝える

07:実績・保証の担保(お客様の声)

信頼を保証させる情報でユーザーの不安を取り除く

08:実施の流れ

これからの流れを分かりやすく伝えることで安心感を醸成

09:FAQ(よくある質問)

不安点・買わない理由を排除させる

10:限定感

限定特典を提示することでユーザーの行動を促す

11:クロージングメッセージ

ユーザーを行動させるためのメッセージ