Branding

ブランディングを強化したい

WEBサイトで自社の価値を高め、他社との差別化を図る

企業経営において、競合他社との差別化を図る「ブランディング」は必須事項となっています。そこでGIコンサルティングパートナーズは、経営コンサルタントの視点からWEBサイト制作やWEBマーケティングを通じて、企業のブランディングを確立し、その企業価値を高めます。

ブランディング強化でこのようなお悩みありませんか?

  • 同じジャンルの商品でも自社より競合のほうが売れ行きがよい
  • 消費者に訴えかけることができる自社の強いイメージがない
  • 短期的な利益は出ているものの長期的な売上が見込めない
  • ブランディングという言葉は知っているが何をすればいいかわからない

競合他社との差別化を実現するブランディングとは?

「ブランディング」とは、企業の価値を高め、その価値を消費者に広めることを指します。
企業ブランディングによって、消費者の自社商品・サービスに対する購買意欲を高めることが目的です。

企業経営において、自社商品・サービスの売上をアップさせるためには、競合他社との差別化が大きなポイントとなりますが、差別化にはこのブランディングが欠かせません。

現在では、WEBを活用したブランディングを行っている企業様も多いですが、一方でWEBによるブランディングの取組みを理解できず、売上アップの機会損失を招いている経営者様が多数いらっしゃるのも事実です。

ブランディングは取組み方法を間違えると、ブランディングに費やした時間と労力が全て無駄になってしまいます。
当社ではWEBを活用し、企業の価値を最大限に引き出すことで、競合他社との圧倒的な差別化を図ることができるブランディングを行っています。

WEBサイトによるブランディングでビジネスを好転させる

WEBサイトは御社の情報を伝えるための重要なツールです。
しかし、自社の商品やサービスの存在を知ってもらうだけでは、消費者の購買意欲を高めることにはつながりません。

そこで、WEBを通じたブランディングとしては、

企業姿勢

商品開発に対する取組み

社会貢献への取組み

など、自社のビジョンも併せて発信すると、消費者に企業価値を認識してもらうことができます。それがWEBを活用したブランディングで大切なことの一つです。

もちろん、商品やサービスの内容、企業としてのビジョンなどは、競合他社との差別化を図ることができるものでなければいけません。
ただ、マーケティングに関する認識のないWEB制作会社が制作するホームページ、ランディングページでは、デザインばかりが重視されるために、この「競合他社との差別化」という要素が抜けていることも事実です。

当社ではWEBを利用し、これまでの支援実績にもとづいた、あらゆる業種・業態の企業に関する豊富なデータとともに、御社のブランディングを確立いたします。